便利なフリーソフトを厳選し、
使い方をていねいに解説します。

MENU

フリーソフト基礎の基礎

About
Author : まぐね


MS-DOS時代からフリーソフトをよく使ってました。市販ソフトよりも便利!そんなフリーソフトをできるだけわかりやすく紹介していきます。
あなたのパソコンライフのお手伝いができたら嬉しいです。

Link
リンク集
相互リンク募集中です!
パソコン関連のサイト様であれば規模の大小にかかわらずすべてお受けしています。ぜひご登録ください!
相互リンク登録

人気ページランキング

ブログパーツ


画面右下のタスクバーに、
タコのアイコンが表示されるようになります。

また、インターネットエクスプローラが自動で起動し、
図のような
「POPFile コントロールセンター」という画面が出てきます。

ここからは、この画面で POPFile の各種設定を行います。


POPFile 側の設定

表示されたページをスクロールしていくと、
「サマリー」という項目に
先ほど設定したバケツが2つ並んでいます。

その横に、「件名の変更」というチェックボックスがありますよね?

「Spam」以外のチェックを外してください。
そして「変更を適用」ボタンをクリックします。

※この設定は、POPFile がメールの分類を行う際、
メールの件名を勝手に書き換えてしまうのを防ぐための設定です。
この設定を行わなければ、各メールの件名の先頭に
バケツの名前(spam またはnormal)が添付されてしまいます。

※spamのみチェックを有効にする理由は、メールソフトにOutlookを使用するためです。

ここまでで、POPFile 側の設定は終了です。

メールソフト側の設定

さあ、次は、メールソフト側の設定です。

POPFile がつけてくれた情報を元に、
メールソフト側が処理を行うように設定してあげれなければなりません。

著者はOutlook Expressを使用していますので、ここではOEを例にとって説明します。

新しいフォルダを作る

メールソフトを起動します。

そして、受信トレイの下に
スパムメールを放り込むためのフォルダを作ります。





重要!メールの振り分け設定

メニュー「ツール」 → 「仕分けルールと通知」
 → 「新しい仕分けルール」 を選択します。

「自動仕分けウィザード」という画面が表示されたら、
「件名に特定の文字が含まれるメッセージを
フォルダに移動する」をクリックし、
「次へ」を押します。


P1 P2 P3 P4 P5 P6

Fire File Copyメモリの掃除屋さんAviUtlSpybotCCleanerWebCapIrfanView縮小専用。Primo PDFavast! Home EditionMyDefragCrystalDiskInfoDataRecovery携帯動画変換君UTAUMP3GainKeyHoleTVWin高速化 PC+EditMTUCraving Explorer7-zipCoreTemp USB TOOLSAvidemuxAny Video ConverterComfortable PCVSuite RamdiskNNDDVLC Media PlayerAvira AntiVirOrbit DownloaderInkScape作曲ホイホイCDBurnerXPPixia DCさくらPOPFile Vox ModelerPC Decrapifier ArtweaverJane Style
Copyright © フリーソフトの使い方解説サイト All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア