便利なフリーソフトを厳選し、
使い方をていねいに解説します。

MENU

フリーソフト基礎の基礎

About
Author : まぐね


MS-DOS時代からフリーソフトをよく使ってました。市販ソフトよりも便利!そんなフリーソフトをできるだけわかりやすく紹介していきます。
あなたのパソコンライフのお手伝いができたら嬉しいです。

Link
リンク集
相互リンク募集中です!
パソコン関連のサイト様であれば規模の大小にかかわらずすべてお受けしています。ぜひご登録ください!
相互リンク登録

人気ページランキング

ブログパーツ


まずは「フリーハンド」をクリックし、
次に色を選びます。

ここではとりあえずグレーを選んでみました!


色を選んだら、画面右下からペンの太さを選びます。
線の形状や太さを色々変えられますので、ちょっと遊んでみると良いでしょう。


Pixiaの使い方 @-2 曲線の描き方

「スプライン曲線」と言う機能があります。

※スプライン曲線のアイコンがない場合は、
メニュー「ファイル」→「ツールバーのカスタマイズ」から
「スプライン曲線」をクリックすれば表示されます。

一区切りついたら、右クリック。
曲がってしまった部分は、
四角にカーソルをあわせて左クリックしながら修正します。

全て終わったら、「線」アイコンを押して引いた曲線を確定させます。

「消しゴムが欲しい…」という場合は、
「補助設定」の「右ボタン」を「スポイト」にして、
パレットから白を選びましょう。
描いた線を消すことができます。

かなり大雑把ですが、
ブタの顔が出来上がりました(笑)

ここらでいったん、保存しておきましょう。
メニュー「ファイル」→
「名前をつけて保存」から保存します。
形式は、
「Windowsビットマップ[*.bmp]」を選んでください。

Pixiaの使い方 A色を塗る前の確認

色を塗るには、「塗りつぶし」を使う方法と、
自分で塗る方法があります。
ここでは、初心者向けとして、
「塗りつぶし」を使った方法をご紹介しましょう。


色を塗る前に、確認すべきことがあります。
隙間は、先ほど下絵を描く時に使ったペンと同じ色で埋め、
はみ出した部分は白色で消しておきます。

Pixiaの使い方 BLAYERの追加

まずはおおまかに色を塗ります。

「LAYER0」という表示があるの場所を確認しましょう。
「LAYER0」とは、白黒のイラストのことです。


この「LAYER0」はそのままにして、LAYERをもう一つ追加します。

レイヤーパネル(「LAYER0」の表示があるところの左にあります)の
「編集」をクリックしましょう。

「レイヤ追加」という表示が出てくると思いますので、
「フルサイズ」を選択して「OK」をクリックしてください。

P1 P2 P3 P4 P5

Fire File Copyメモリの掃除屋さんAviUtlSpybotCCleanerWebCapIrfanView縮小専用。Primo PDFavast! Home EditionMyDefragCrystalDiskInfoDataRecovery携帯動画変換君UTAUMP3GainKeyHoleTVWin高速化 PC+EditMTUCraving Explorer7-zipCoreTemp USB TOOLSAvidemuxAny Video ConverterComfortable PCVSuite RamdiskNNDDVLC Media PlayerAvira AntiVirOrbit DownloaderInkScape作曲ホイホイCDBurnerXPPixia DCさくらPOPFile Vox ModelerPC Decrapifier ArtweaverJane Style
Copyright © フリーソフトの使い方解説サイト All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア