便利なフリーソフトを厳選し、
使い方をていねいに解説します。

MENU

フリーソフト基礎の基礎

About
Author : まぐね


MS-DOS時代からフリーソフトをよく使ってました。市販ソフトよりも便利!そんなフリーソフトをできるだけわかりやすく紹介していきます。
あなたのパソコンライフのお手伝いができたら嬉しいです。

Link
リンク集
相互リンク募集中です!
パソコン関連のサイト様であれば規模の大小にかかわらずすべてお受けしています。ぜひご登録ください!
相互リンク登録

人気ページランキング

ブログパーツ


メニュー「プロジェクト」→「プロジェクトのプロパティ」

図の「原音ファイルセット」から使用する原音を選択→
「OK」で完了です。


ちなみに、「デフォルト」の状態で「info」をクリックすると、
図のようななんともかわいらしいキャラクターの図が出てきます(苦笑)

歌詞を入力しよう

メニューの下の「Liryc」のボックス内に
歌詞を 打ち込みます。
※漢字ではなく「ひらがな 」で!



「Liryc」のボックスの右隣二番目のピンクのボックスをクリックすると…
C4の高さに四分音符で歌詞が入力されます。

画面のY軸方向(縦)をピアノの鍵盤として考え、
X軸方向(横)を楽譜として捉えれば分かりやすいのではないでしょうか?

ちなみに、後で歌詞を変更したくなった…という場合は、
各文字のセル(UTAUでは“ノート”と表現されているようです)を
ダブルクリック→修正&入力が可能になります。

また、歌詞を変更したいノートを選択→
「Liryc」のボックスに歌詞を打ち込み、「置換」ボタンをクリック→
歌詞が置き換えられます。

替え歌のときなどに便利な機能といえそうですね♪

音階を編集してみよう

一つ一つのノート(1文字)をドラッグで移動して、
所定の音階に並べます。

実際の楽譜を見ながら作業すると◎


例えば、世間を賑わせた酒井○子さんの「碧いうさぎ」は
「あおいうさぎ♪」=「ミ(♭)ファソラ(♭)シシ(♭)」なので、
図のように移動します。

複数のノートを一気に移動させたい場合は、
移動させたいセルを選択して「編集」→「選択部分を上へ移動」、
または「選択部分を数値で移動」で移動します。

1オクターブ高くしたい!あるいは低くしたい!といった場合は
±12を入力して移動させましょう。

音の長さの編集

次は、音の長さを編集します。

それぞれのノートの後ろの部分にカーソルを合わせて、
好みの長さにドラッグします。


これも、楽譜を見ながら行いましょう。

ドラッグ方法には、以下の3種類があります。

@普通にドラッグするだけ→元の音符の長さ(四分音符)まで
 休符(R)が挿入されます。

A「Shift」+ドラッグで移動→休符は挿入されません。
 次のノート以降の音符が前にずれます。

B「Ctrl」+ドラッグで移動→音符を長くした場合、
 その分だけ後ろの音が上書きされます。
 つまり、音符を短くすると、その次のノートの音符が
 その分だけ長くなるということです。

実際に聴いてみる

メニュー「編集」→「始音から終音まで選択」→
「再生」ボタンを押すと、作成したノートが再生されます。

これで音程や音の長さなどを確認しましょう。



P1 P2 P3

Fire File Copyメモリの掃除屋さんAviUtlSpybotCCleanerWebCapIrfanView縮小専用。Primo PDFavast! Home EditionMyDefragCrystalDiskInfoDataRecovery携帯動画変換君UTAUMP3GainKeyHoleTVWin高速化 PC+EditMTUCraving Explorer7-zipCoreTemp USB TOOLSAvidemuxAny Video ConverterComfortable PCVSuite RamdiskNNDDVLC Media PlayerAvira AntiVirOrbit DownloaderInkScape作曲ホイホイCDBurnerXPPixia DCさくらPOPFile Vox ModelerPC Decrapifier ArtweaverJane Style
Copyright © フリーソフトの使い方解説サイト All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア