便利なフリーソフトを厳選し、
使い方をていねいに解説します。

MENU

フリーソフト基礎の基礎

About
Author : まぐね


MS-DOS時代からフリーソフトをよく使ってました。市販ソフトよりも便利!そんなフリーソフトをできるだけわかりやすく紹介していきます。
あなたのパソコンライフのお手伝いができたら嬉しいです。

Link
リンク集
相互リンク募集中です!
パソコン関連のサイト様であれば規模の大小にかかわらずすべてお受けしています。ぜひご登録ください!
相互リンク登録

人気ページランキング

ブログパーツ


設定を変えてみる

メニューの【設定】では、
キャプチャの保存場所や保存ファイルの形式、名前、
プロキシ設定ができますので、
必要に応じて変更しましょう。




※プロキシ設定とは?
各PCがインターネットに直接アクセスするのではなくプロキシに依頼し、
プロキシがインターネットから情報を取得することです。
こうすることで、各PCのIPアドレスが接続先のサーバ等に知られたり、
攻撃の対象にされてしまったりするのを防ぐのです。

設定を変えたい場合は…

「設定」メニュー→「設定画面」→
→「画面保存場所」、「保存ファイル名」、「保存形式(jpg、gif)」
などを変更します。

※ちなみに、「クリップボードにコピー」とは、
データを一時的にメインメモリ上の領域に保存しておくことです。

WebCapの印刷機能にはなぜ二つの方式があるの?

WebCapの画面右上をご覧ください。

WebCapの印刷機能には二つの方式があります。



赤丸…Internet Explorerなどと同様の方式(Web方式)

青丸…画像をもとに印刷を行う方式(画像方式)。横幅が切れることがない。
このため、WebCapはWebページ印刷用のソフトウェアとしても活用できます。

※あくまで画像ファイルを印刷するので、
文字がはっきり見えないのはご容赦ください!

WebCapの使い心地は?

上述のようにWebCapは、
Webブラウザの画面に収まりきらないような縦長サイズのページを
ワンクリックでいとも簡単にキャプチャできてしまう、
超便利!超簡単なソフト。

いままで、苦労して画像をつなぎ合わせていたのがバカらしく思えてしまうほどです。

また、印刷機能が優れているので、
単に「Webサイトの印刷用ツール」として使うのもおススメです。

このようにWebCapは、操作が簡単な点がかなり魅力的ですが、
ソフト自体の造りもシンプルなので助かります。

ちなみに、解凍ファイル内の「readme.txt」には、
「フレームタグが使われているサイトは正確にキャプチャできません」と書いてありますが、
特に問題もなくキャプチャできる場合もあるようです。

とにかくなにかと便利なWebCap。

これさえあれば、資料作りも朝飯前です♪

P1 P2

Fire File Copyメモリの掃除屋さんAviUtlSpybotCCleanerWebCapIrfanView縮小専用。Primo PDFavast! Home EditionMyDefragCrystalDiskInfoDataRecovery携帯動画変換君UTAUMP3GainKeyHoleTVWin高速化 PC+EditMTUCraving Explorer7-zipCoreTemp USB TOOLSAvidemuxAny Video ConverterComfortable PCVSuite RamdiskNNDDVLC Media PlayerAvira AntiVirOrbit DownloaderInkScape作曲ホイホイCDBurnerXPPixia DCさくらPOPFile Vox ModelerPC Decrapifier ArtweaverJane Style
Copyright © フリーソフトの使い方解説サイト All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア